Windows10を11にアップグレードする方法

Windows11に対応しないPCにインストールする方法.

※Windows11に非対応のPCにインストールする場合は自己責任で実行してください。


インストール準備.

必要なもの.

インストール用USBメモリ(8Gb以上)、USBフラッシュドライブ作成ソフトRufus、Windows10アップデートソフト、Windows11のインストールディスク イメージ (ISO)が必要です。

Rufusのダウンロード、インストール.

下記のサイトよりRufusをダウンロードしてPCにインストールしておきます。

Rufus - 起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます
Rufus: Create bootable USB drives the easy way

Windows10アップデートソフトをダウンロード、実行.

Windows 10 2022 更新 l バージョン 22H2をダウンロードしてインストールします。

下記のサイトで「今すぐアップデート」をクリックします。

Windows 10 のダウンロード

「Windows10Upgrade9252.exe」をダウンロードし、実行して最新の状態にします。(アップデートに時間がかかる場合があります。)

Windows11のダウンロード.

下記のサイトで下部にある「Windows11ディスク イメージ (ISO)」を選択し、「ダウンロード」をクリックします。

Windows 11 をダウンロードする

言語の選択で「日本語」を選択して「確認」をクリックします。

「64-bit ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。

Windows11のUSBフラッシュドライブ作成.

USBメモリをPCに刺してRufusを起動します。

「選択」をクリックします。

「Windows11イメージファイル」を選択し、「開く」をクリックします。

「スタート」をクリックします。

全てを選択し「OK」をクリックします。

「OK」をクリックすると書き込みがスタートします。

Windows11をインストール.

USBフラッシュドライブを開き「setup.exe」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「同意する」をクリックします。

「インストール」をクリックします。

(インストールにはかなり時間がかかります。パソコンを使用しない時間帯にインストールすることをお勧めします。)

インストールが完了すると下記の画面になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました